岐阜(ぎふ)の相続手続き、相続税申告をサポート!ぎふ相続サポートセンター

ぎふ相続サポートセンター

相続相談ご予約 0120-783-380

  • HOME
  • 事務所紹介
  • プランと料金
  • お客様の声
  • セミナー・メディア実績
  • アクセス
  • ワンコイン相談

遺産分割協議書 とは

遺産の調査および相続人の確定ができた上で、作成するのが遺産分割協議書です。

遺産分割協議に関する、知りたい情報を、クリックください!

遺産分割協議

遺産分割の方法  

遺産分割協議書とは  

遺留分減殺請求とは



遺産の調査および相続人の確定ができた上で、作成するのが遺産分割協議書です。

遺産分割協議とは、相続開始により法定相続人の共有となった遺産を個々の財産に分けるための協議を指します。
分割協議がまとまれば、相続人全員のものであった遺産が相続人ひとりひとりの個人所有物になります。
遺産分割協議書とは、この協議の内容を記載した正式な文書です。 

まずは、遺産分割協議書のサンプルをご覧下さい!↓
isanbunkatu.PNG

大きい画像をご覧になりたい方は下記バナーをクリックです!

sannpuru.png

 

それでは遺産分割協議書について詳しく見ていきましょう。

 
遺産分割協議書の効力とは、対外的には誰が何を相続したのかを主張する事ができるということです。
またその反面、各相続人は遺産分割協議書に拘束され、撤回する事ができません。
万一、遺産分割協議書を書き換える場合には相続人全員の合意が必要となります。

遺産分割協議書の作成が完了すると、各種の名義変更はスムーズに進めることが可能となります。

遺産分割協議書の書き方

遺産分割協議書には決まった書式(書き方)はありませんが、いくつか注意点があります。 
 
1.必ず法定相続人全員で協議しなければなりません。
 
戸籍調査の上、間違いの無いように注意してください。
※全員の協議ですが、全員が承諾した事実があればそれでよく、全員が一堂に会して協議する事までは要求されません。
現実的には、1通の遺産分割協議書(案)を作成し、他の相続人に、この内容でよければ実印を押してもらう方法がよく取られます。
 
 
2.法定相続人全員が、署名・実印の押印をする事についてですが、厳密には署名ではなく記名でもかまいませんが、後々の紛争・トラブルを防ぐためにも署名するようにしてください。

印鑑は実印を使わないと、不動産登記や銀行手続が出来ません。
 
 
3.財産の表示方法に注意
不動産の場合、住所ではなく登記簿どおりの表記にしてください。銀行等は、支店名・口座番号まで書いてください。

 
4.割り印が必要
遺産分割協議書が用紙数枚にわたる場合、法定相続人全員の実印で契印(割り印)してください。

 
5.印鑑証明書の添付
遺産分割協議書には、実印の押印が必要ですが、それと共に印鑑証明書も添付してください。
 
 
以上が、遺産分割協議書を書く上での基本的なポイントとなります。

話がまとまった段階で記入する必要もありますし、遺産分割協議の話し合いの途中で話がまとまらなくなることもございます。
一度専門家の意見も聞いた上で進めるのが、スムーズに話し合いが進められるポイントといえます。
その他様々な細かいケースもございますので、遺産分割協議書を作る際は1度相続の専門家である税理士にご相談ください。


ワンコイン相談会の概要はこちらからご覧いただけます。


最後に、最近よくある法的な判断を必要とするケースについてお伝えしたいと思います。
 

相続人が未成年である場合 

相続人に未成年者がいる場合、未成年者は遺産分割協議が出来ませんので、下記の2つの方法から選択しなくてはいけません。
 
1)未成年者が成年に達するまで待ってから遺産分割協議をする 
2)未成年者の代理人が遺産分割協議をする
 

通常、未成年者の代理人は親なのですが、親子揃って相続人となるケースが多くあります。
このような場合、親と子供の利益が相反することになり、親が子供の代理人として分割協議をする事が出来ません。

これは法律で決められているのです。

また、子供だけが相続人である場合であっても、数人の子供を一人の親が代理することもできません。
このようなときには、未成年者一人ひとりのために特別代理人を選任します。

特別代理人は家庭裁判所に選任を申し立てます。
特別代理人として祖父を選任して欲しいといった申し立てができますので、親族内で遺産分割協議をすることも可能です。

実際の手続は、特別代理人の選任を家庭裁判所に申し出るときに、遺産分割協議書(案)の添付が必要になります。

相続人に行方不明者がいる時

相続人の中に行方不明者がいる場合には、2つの方法が考えられます。

1)失踪宣告されるのを待って、遺産分割協議をする
2)不在者のための財産管理人を選任して、その財産管理人を交えて、遺産分割協議をする

この2つのどちらかの方法を取ることになります。

相続人の中に認知症で協議できない者がいる場合、一時的にも意識が回復すれば遺産分割協議は可能です。
一時的にも意識が回復することがない場合には、成年後見人の選任を家庭裁判所に申し立て、その成年後見人を交えて遺産分割協議をすることになります。

 

お客様の声

相続に関することなら安心しておまかせください!0120-783-380


地元岐阜の税理士が親身に対応いたします!

当事務所の詳しい内容は以下をご覧下さい。

◆料金表

◆事務所紹介

◆スタッフ紹介

◆お客様の声

◆当センターが選ばれる理由

◆アクセス


心配だった相続のことがすっきり解決!当センターにご相談いただくメリット

1)圧倒的な実績 2)便利な立地   3)幅広い相談時間
岐阜で親子3代60年。
累計1,000件を超える実績
  岐阜メモリアルセンター
より車で3分の場所に立地
  土日祝にも相談会を開催
し、忙しいあなたにも対応

3ninsyugo.jpg

zimusyogaikan.jpg

soudan.jpg

遺産相続のご相談は累計1,000件超の実績があるから、どんな遺産相続のご相談でもお任せ下さい。

事務所前に駐車場もあるのでお車でもお気軽にお越しいただけます。

平日はもちろん、土日祝もご依頼に応じて対応させていただいております。お好きなタイミングでどうぞ。

4)ワンストップサポート   5)ワンコイン相談   6)複数人担当者制
遺産相続の専門家とのネットワークで全面個別対応!   ワンコインで、自分たちの場合の相続手続きがわかる!   複数の遺産相続専門家によるチェック体制で安心

pcpc.jpg

 

zikantuyomji.jpg

 

bana-2.png

相続に強みを持つ弁護士・行政書士司法書士・社労士との協力体制のもと、一つの窓口で全対応できます。

  当センターは遺産相続に関するあらゆるご相談をワンコインで行っております。無理な勧誘は一切いたしません。   資格者を含む総勢18名のスタッフが手続きにあたりますので、円滑に相続の手続を進めることが可能です!
7)明朗会計&料金表   8)セミナー実績多数   9)相談者専用相談室
明朗でわかりやすい料金表とサポート料金で安心!   相続セミナー、相談会なども
多数開催!
  完全個別相談室で
プライバシーを厳守!

ryoukintuyomi.jpg

 

soudankaiga.jpg

 

soudansitumini.png

当センターは、ご契約前に必ず費用を提示。わかりやすく、リーズナブルな価格をご提供しています。

  相続セミナーや、司法書士との協催による無料相続相談会を多数実施しています。   個別相談室を設けることで、誰にも知られず安心してご相談いただけます。また、当事務所はお客様の相談内容を漏らすことはありません!
10)職員の知識教育も充実   11)岐阜県全域に対応!   12)エンディングサポート
所内で相続に関する
勉強会を定期的に開催!
  岐阜・大垣市を中心に岐阜県全域に対応しています!   遺言執行・葬儀・遺品整理まで生前予約で万全対策!
kaigigazo.jpg   gifu.png   endingnote.jpg
全国的な外部研修会にも積極的に参加することにより全国での相続の取り組み事例などを取り入れ、皆様には最新の情報を提供できるよう努めております。   岐阜市を中心に岐阜県全域に幅広く対応しております。お気軽にご相談ください。   遺言書作成、遺言執行、相続手続、葬儀予約、遺品整理等の関連サービスをトータルでサポートします。
 

相続に関することなら安心しておまかせください!0120-783-380